1733回 会報

例会の様子はこちら→1733

1733回 会長挨拶

皆さんこんにちは
 さて、ご存知のとおり、ピョヤンオリンピックで小平奈緒選手が、日本スピードスケ-ト界に新たな歴史を刻まれました。小平奈緒選手がライバル韓国のイ・サンファ選手を破り、しかもオリンピックレコ-ドで堂々と金メダルを取得しました。さらにこの二人には、日韓の国民なら皆が、想像できない、深い絆がありました。その感動エピソ-ドが紹介されていましたので、ご披露したいと思います。
 日本選手団の主将で、国内外で同種目24連勝中の小平奈緒選手(31歳相澤病院)が36秒94の五輪新記録をマ-クし、スピ-ドスケ-ト女子では初となる金メダルを獲得しました。ライバルで五輪3連覇を狙う地元韓国の女王イ・サンファを破っての快挙でした。
 大会は、小平選手が五輪新記録を、打ち出した直後、歓声に沸く日本人ファンらに対し口元に指をあて、静かにするように求めたジェスチャ-も話題になりました。小平選手の直後に、サンファ選手の組のスタ-トを控えていたことから、スタ-トに影響がでないようにする気配りが、小平選手の人間性も、金メダルと称えました。
 レ-ス直後、親友の2人はレ-ス後、自然に歩みより、勝っても、負けても、変なオ-バ-アクションもなく、お互いに笑顔で健闘を称えました。誰がみても美しい光景であり、レ-ス後3連覇を逃がしたサンファ選手は涙、小平選手はそのサンファ選手のもとに向かい、抱きしめて言葉をかけます。かけた言葉は「地元開催の韓国五輪で、サンファの受ける重圧はすごいものだった。すごく、たくさんの重圧の中で、よくやったね、私は、まだあなたのこと、まだリスペクトしているよ」と尊敬の言葉をかけ、サンファ選手の涙顔から、笑顔に変わり、2人での、ウィニングランは、「2人の友情にアイスリンクもとける」ほどでした。
 世界の舞台で長く争ってきた2人。500メ-トルでは圧倒的な力を誇ってきたサンファ選手。ただそのアスリ-トとしての姿勢は、小平選手にとっても憧れの選手でした。2人並んでの記者会見、小平選手が「サンファはいつも親切なんです。3年前にソウルの世界選手権で、私が初優勝した時、すぐにオランダに戻らなくてはいけなくて、大会の会場から空港までのタクシ-を呼んでくれて、また、お金も出してくれた。レ-スの結果は悔しいはずなのに、真摯に「奈緒のために」と思う気持ちが、それがすごくうれしかった。」と思い出を語れば、サンファ選手もまた小平選手の姿勢を尊敬の念を示しました。「奈緒さんとレ-スをして、気分が悪い気持ちになったことは1度もない」また「タクシ-代は確かに払った。レ-スに負けても、奈緒さんを嫌いになる気持ちはまったくなかった。いい友達だから、彼女のライバルであることに、誇りを持っています。」と笑顔で答えました。
 さらに、2年前、カザフスタン共和国のアスタナでバスを待っている時、奈緒さんと写真を撮りました。奈緒さんはその時、「次の五輪では、サンファが、勝って私が2位ね」と言いました。私も「それなら奈緒が勝って私が2位でいい」と二人でむきなって、言い合いました。今となっては、とても懐かしい思い出を披露しました。
 最後に、同世代で、ずっと世界のトップで、競い合ってきた2人、お互いを認め合い、2人絆は、ずっと深かったと思います。リンクを離れ、親友に戻った2人が、お互いの手を握り合いながら、ずっと笑い合いながら記者会見をしていたのが、印象的でした。
以上で会長挨拶と致します。ご清聴ありがとうございました。

1731回 会報

例会の様子はこちら→RC1731

1731回 会長挨拶

 皆さんこんにちは
 本日の唱歌は「かあさんの歌」を歌っていただきました。
作詞、作曲は、窪田聡さん昭和10年、東京に生まれて現在は、岡山県、瀬戸内市に住んでいます。
 窪田聡さんは、進学校として知られる開成高校に進みましたが、太宰治の「非社会的で倦怠感に、溺れた」生き方に憧れ、授業をさぼっては映画・たばこ・酒に溺れる日々を送っていました。
 やがて進学の時期が来ました。同級生たちのほとんどが、有名大学をめざす中彼は文学で生きていく決意を固め、親が準備した入学金・授業料をもって家出をしてしまいます。
 東京に出た彼は安い、下宿に隠れ住んで就職しましたが、そのかたわら、音楽が好きだったので、中央合唱団の研究生になりました。しかし、給料が少なく食べていくのがやっとの生活で文学に、邁進するどころではありません。
 そのころ、共産党の人たちが中心になって進めていた「歌声運動」に多くの若者たちが惹きつけられていました。彼もその1人で楽しそうにロシア民謡を歌う人びとの姿が、彼の目にはまぶしく映りました。とうとう彼は、文学を捨て共産党に入ってしまいます。
 そのころ、母親から小包が届き始めました。両親が心配し兄が彼の下宿を探し当てました。小包のなかには彼の好きな食べ物や、手編みのセーター、ビタミン剤など「体をこわさないように」といった母親の手紙も入っていました。
 高校の同級生たちの多くが有名大学に入り、高級官僚や一流企業の社員になっていきましたが彼はアコーディオを抱えて、全国で歌声運動を指導しながら回る生活を続けていました。この歌はそうした生活のなかで、母親への思いと、疎開時代に見た長野県の信州新町の田舎の情景とが重なって生まれた歌です。
 最後に、「かあさんの歌」ではありますが2番の「おとうは土間で藁うち、仕事」の部分に自分の勝手な生き方を、黙認してくれた父親への気持ちも込められています。
 以上で、この歌の誕生秘話なり会長挨拶と致します。ご清聴ありがとうございました。

1732回 会報

例会の様子はこちら→RC1732