2019〜2020 会長挨拶

桑澤会長写真2019-2020年度
会 長 指 針
RIテーマ
「ロータリーは世界をつなぐ」ROTARY Connects the World
地区標語
「ロータリーの魅力を広げよう」Spread the Charm of ROTARY
クラブテーマ
「ロータリーの意義を見つめ直そう」

国際ロ-タリ-第2600地区2019-2020年度
茅野ロ-タリ-クラブ
会長  桑澤一郎

ご挨拶
2019-2020の会長を務めさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
茅野クラブは間もなく創立40年を迎えようとしています。また会員数は現在県下で五指に入る規模となっています。他クラブが会員減少に悩む中、当クラブが安定した会員数を維持していることは、他のクラブの模範ともなっています。このことは当クラブの誇りであると同時に会員各位による様々な努力や思いやりの賜であると思っています。この良き伝統を守りつつ、令和という新たな時代に向け、クラブ会員がロータリーの奉仕活動を通じて、より社会に貢献し、より親睦を深め、より幸福な人生を送るための更なる飛躍の一年にしたいと思っております。今年度RI会長の指針は「ロータリーは世界をつなぐ」です。世界最大の奉仕団体であるロータリーの役割を最大限に活かした取組を推し進めようとしています。また古川ガバナーの地区標語は「ロータリーの魅力を広げよう」です。奉仕活動を通じた会員同士の交流がロータリーの醍醐味であり、そのことをより多くの人たちに伝えたいとのガバナーの思いをこの標語に表しています。
 そして茅野クラブでは、「ロータリーの意義を見つめ直そう」をクラブテーマといたしました。魅力ある茅野クラブをもっと充実したものにするために、ロータリー活動をもっと推し進めたいとの思いでこのテーマとさせていただきました。
会員各位のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

活動計画
(1) 研修を通じてロータリーを知る機会を持つ
ロータリーの活動は多岐にわたります。今年度2600地区の方針でもあるロータリーについての研修をクラブ内でも積極的におこない、ベテラン会員はもとより、入会間もない会員に対し例会やセミナーを通じて「ロータリークラブの意義」を知る機会を持ちます。
(2) 人脈を広げて自分の人生を豊かにする
例会や各行事を通じて、会員間の交流を積極的におこないます。また他クラブ会員との交流の機会でもあるRLIへの参加を積極的に推し進めます。
(3) 奉仕活動を実践する
青少年奉仕活動、社会奉仕活動など従来の奉仕活動に加え、財団補助金を活用しクラブの規模に見合った新たな奉仕活動を実践し、会員の積極的な参加を促します。
(4) ロータリーファミリーを拡大する
会員家族はもとより、交換留学生経験者(ROTEX)、米山留学経験者などを積極的に例会に誘い、ロータリーファミリーの拡がりを目指します。
(5) 会員の増強
クラブの活気の更なる向上のために若い会員の入会を目指します。
(6) ロータリーのイメージ向上戦略の実行
社会におけるロータリークラブの認知及びイメージ向上には、積極的な地域媒体への奉仕活動の告知に加え、会員一人一人が人々により多くの奉仕をすることであると思います。このことを会員に理解、実践してもらうことを目指します。

各委員会へのお願い

●クラブ奉仕委員会
従来通りクラブの活動の充実のための調整役として機能して下さい。

●出席委員会
出席率の向上策の要は例会の充実でありますが、会員が例会を楽しめる雰囲気作りを検討して下さい。

●会報・公共イメージ向上委員会
会報が紙によるものがなくなりましたが、WEBでの閲覧がしやすいような工夫をお願いします。

●親睦家族委員会
「もう一度ロータリーに家族を取り戻そう」をモットーにお願いします。
会員の家族構成を把握し、夜間例会ごとに「誰に来て欲しいのか」を先に決め、その人達に合った例会内容を検討して実行して下さい。

●会員増強委員会
会員の努力により既に何人かの候補者がいるようですが、入会時の説明、つまりロータリーの意義や前提条件の説明をよろしくお願いします。また会員セミナーの仕切りをお願いします。

●プログラム委員会
プログラムの充実は例会の要です。早めのプログラム内容の検討をよろしくお願いします。

●雑誌・ロータリー情報委員会
ロータリーの友やガバナー月信への会員からの投稿を推し進めて下さい。

●SAA
例会の進め方について、従来のあり方で良いかの再検討をお願いします。
例えば、例会セレモニーが多い日に外部講師による卓話の確実な時間確保の工夫をお願いします。
委員会報告の事前申し出の徹底や出席報告やニコニコ報告、委員会報告は袖待機を促し会場内移動の時間を短縮するなど、また柔軟な終了時間延長判断など

●ニコニコBOX
委員間で発表の仕方(1万円、5千円千円)を決めておき、スムーズでにこやかな発表になるようお願いします。

●職業奉仕委員会
従来の活動に加え、会員の職業の紹介を卓話や職場訪問例会などによって進めて下さい。

●社会奉仕委員会
若い団体やNPOへの積極的な支援を検討して下さい。

●国際奉仕委員会
今後の国際奉仕及び国際交流のあり方について検討し、会員全員が目指せる方向性を模索して下さい。

●ロータリー財団委員会
財団への寄付の重要性を会員に理解してもらい、目標寄付額の達成を目指して下さい。

●米山奨学会委員会
米山奨学会の意義を会員に周知し、クラブ全体でのサポート体勢を整えるとともに寄付額の目標達成を目指して下さい。

●青少年奉仕委員会
当クラブの奉仕の要である青少年奉仕活動の更なる充実を目指すととともに、各行事への会員の積極的な参加を促して下さい。

●長期計画委員会
新たに制定されたR.I.の戦略計画に基づいた「茅野クラブの戦略計画」の策定を目指して下さい。(他クラブ参考に)

2018〜2019 会長挨拶

五味会長2018-2019年度
会 長 指 針
RIテ-マ
「BE THE INSPIRATION」
「インスピレーションになろう」
2600地区標語
「Find the Value」
「価値を見出そう」
茅野ロ-タリ-クラブテ-マ
「行動し充実したロ-タリ-活動を楽しく」

国際ロ-タリ-第2600地区2018-2019年度
茅野ロ-タリ-クラブ
会長  五味徳雄

2018年度~2019年度、茅野ロ-タリ-クラブの会長を引き受けるにあたり、その職責の重さを痛感しております。メンバ-の皆様方の暖かいご支援、ご協力、そしてご指導を頂きながら、古希を過ぎ、体力的に衰えを感じる私ですが、気力をふりしぼって、職務を全うしたいと思いますので、宜しくお願い申し上げます。
さて、本年度のRIテ-マは、「インスピレーションになろう」であります。RI会長は、一番大切なのは、前向きな変化を生み出し私たちが、今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲をクラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」となる必要があると語っております。
また、2600地区、伊藤ガバナ-の地区方針は、「Find the Value」「価値を見出そう」であります。本年度は改めて、ロ-タリ-活動の価値を一人一人が見出し、自らが実践するロ-タリ-アンとして、昨日とは違う自分を見つけて継続して実行する年にしましょうと語っています。
茅野ロ-タリ-クラブは、設立38年を迎え先輩達の築き上げてきた伝統と歴史の中で地域社会にもその存在が認められ、評価されてまいりました。その上で、今年度は、ロ-タリ-活動の中に、新たな価値を見出し、メンバ-各々が積極的に参加し行動することにより、充実した年度としたいと考え、クラブテ-マを「行動し充実したロ-タリ-活動を楽しく」としました。楽しさを感じる活動こそが、自ら進んで参加する意欲につながると思います。
平昌冬季オリンピック日本選手団主将として、金メダルに輝き大活躍した、小平奈緒選手は「百花繚乱」という目標を掲げ、この目標の下に日本選手団は大活躍いたしました。本年度、茅野ロ-タリ-クラブも「百花繚乱」を合言葉とし、メンバーの一人一人が自ら花を咲かせ、更にクラブ全体として色とりどりの大きな花を咲かせるよう、参加と行動を本年度の基本指針として運営していきたいと思います。
田中作治元RI会長は、「奉仕とは生き方です。それは、思いやりの心を重んじる事であり、調和へといたる道です。」と語っております。メンバー同志が思いやりの心を持ち各々の資質を高め地域社会にも、思いやりの心を抱き、茅野ロ-タリ-クラブが魅力ある団体として、地域に根ざし発展していくよう、行動する事を改めてお願いいたします。1年間どうか宜しくお願いいたします。

百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
様々な種類の花が色とりどりに咲き乱れる様子。転じて、多数の優秀な人々、独創的な人々が一堂に会する状況。

活動計画

1.例会の充実
例会の充実がロ-タリ-活動の基本と考え、充実した例会、魅力ある例会を行いメンバー自ら積極的に出席意欲を高める例会を考えていきたいと思います。

2.会員の増強
伊藤カバナ-は、会員の増強を訴えております。現在茅野ロ-タリ-クラブは、2600地区内でも、会員数は上位にランクされておりますが、積極的に会員の増強を進め、新しい仲間と共に友好の輪を広げてまいります。

3.地域への情報発信
伊藤カバナ-は、会員増強と共に公共イメ-ジアップを考えております。ロ-タリ-活動を通じて、地域に多くの情報を発信してロ-タリ-活動を理解し応援して頂ける様に、務めます。

4.姉妹クラブ、交流クラブ
姉妹クラブ島田ロ-タリ-クラブとの交流。
交流クラブとしての釜山マリンシティロータリークラブとの交流。
十日町ロータリークラブ・伊勢原ロ-タリ-クラブとの交流の機会があればフレンドリーな交流をしてまいります。

5.長期、短期交換留学生、米山奨学生の支援
長期交換留学生の桑澤太郎君が6月に帰国し、今年度は交換留学生の受け入れの予定はありませんが、米山奨学生、王爽さんは今年1年お世話をすることになりますので、支援してまいります。

6.青少年奉仕活動
東海大学付属諏訪高校インタ-アクトクラブの支援を続けていきたいと思います。又、同高校事業であるタイ国、スワンクラ-ブ・ウィッタヤ-ライ・ランシット高校の交流活動を支援してまいります。他次世代を担う青少年活動がさまざまあると思いますが、積極的に支援していきたいと思います。

7.委員会の充実
各々の委員会の役割を理解し、委員長の下、茅野ロ-タリ-クラブがより良い奉仕活動を行えるか、各委員会で考えて頂きたいと思います。

2017〜2018 会長挨拶

20170323takami2017-2018年度
会 長 指 針
RIテ-マ
「ロ-タリ-:変化をもたらす」
「ROTARY : MAKING A DIFFERENCE」
2600地区標語
「アップデ-トマイクラブ」
「UPDATE MY CLUB」
茅野ロ-タリ-クラブテ-マ
「ロ-タリ-の奉仕の進化と深化を楽しもう」

国際ロ-タリ-第2600地区2017-2018年度
茅野ロ-タリ-クラブ
会長  高見恭司

2017年度~2018年度、茅野ロ-タリ-クラブの会長を引き受けるにあたり、若輩者ですが、1年間メンバ-の皆さんのご協力を頂きながら、その任を全うしたいと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
茅野ロ-タリ-クラブは本年度に設立37周年を迎え、新入会員も増え、新しい価値感も生まれつつあります。先輩達が築きあげた茅野ロ-タリ-クラブの伝統と歴史を受け継ぐ中で、時代に合ったロ-タリ-について考えたいと思います。

さて、本年度のRIテ-マは「ロ-タリ-:変化をもたらす」であります。RI会長は、今まで通りでは、持続していくことができなくなっているのだから、時代や社会の状況変化に合わせて自分自身も変わり、周囲を変えていくロ-タリ-のパワ-をさらにアップさせる必要があると語られています。

また、2600地区、関カバナ-の地区方針は、「UPDATE MY CLUB」であります。私たちの生活の中で、パソコンやスマ-トフォンの性能や機能を改善向上させるため、常にバ-ジョンアップを行っているように、ロ-タリ-も社会の変化に即した組織になって行かないと、魅力ない団体になってしまいます。アップデ-トこそが私たちのロ-タリ-の「変化」のはじまりだと話されています。

茅野ロ-タリ-クラブの「変化をもたらす」そして「アップデ-ト」は、ここ数年来の会員の入れ替わりに伴い、新しい価値観も加わり、37年間の歴史の中で、自然に時代の変化に対応して参りました。また組織や運営方法等のアップデ-トも自動更新されて、魅力ある団体に成長したからこそ、今日の会員数の増大に繋がったと考えます。
しかしながら、さらなる魅力ある団体にするには、「変えていく奉仕」と「変えてはいけない奉仕」について考え、「変える勇気」と「変えてはいけない勇気」を持ちながら、時代に適した奉仕活動を実践したいと考えます。その事を踏まえ本年、茅野ロ-タリ-クラブのクラブテ-マを、「ロ-タリ-の奉仕の進化と深化を楽しもう」と致しました。

ロ-タリ-がこれからもダイナミックな組織でありつづけ、世界中の地域社会に貢献していくために、将来への指針となるRI戦略計画があります。RI戦略の中の優先項目として「クラブのサポ-トと強化」「人道的奉仕の重点化と増加」「公共イメ-ジと認知度の向上」がありますが、本年度、当クラブでは「クラブのサポ-トと強化」を優先項目として運営していきたいと思います。

最後になりますが、ロ-タリ-は、会員の推薦により入会できる組織です。会員同士が「真実かどうか」・「みんなに公平か」・「好意と友情深めるか」・「会員のためになるかどうか」の4つのテストを常に心に留め「言行はこれに照らしてから」を基本に茅野ロータリークラブ運営に努め、1年間ロータリーについて学んで行きたいと思います。皆様のご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

活動計画

RIは「奉仕を通じて誰かの人生を、より良くしてゆくことが出来るよう、ロ-タリ-を継続してゆくため」の戦略として「クラブのサポ-トと強化」・「人道的奉仕の重点化と増加」・「公共イメ-ジと認知度の向上」の3点を優先施策項目として掲げています。当クラブでは「クラブのサポ-トと強化」を本年度の優先施策項目としたいと考えております。

具体的には「①クラブの刷新性と柔軟性を育てる。②さまざま奉仕活動への参加を推奨する。③会員基盤の多様性を推奨する。④会員の勧誘と維持を改善する。⑤リ-ダ-を育成する。⑥ダイナミックな新クラブを結成する。⑦クラブと地区における戦略計画の立案を奨励する。」と定義されていますが、本年当クラブの各委員会の重点施策項目は①・②・③・④と致したいと思います。
つきましては、各委員会は当クラブを更なる魅力ある団体にするために「変えてゆく奉仕」と「変えてはいけない奉仕」について考え、「変える勇気」と「変えてはいけない勇気」を持ちながら、時代に適した奉仕活動の実践計画を考えて頂きたいと思います。

ご参考(当クラブテーマ「ロータリーの奉仕の進化と深化を楽しもう」をベースに、各委員会の事業計画の活動趣旨・活動計画に反映していただきたい事項です。)

「クラブ奉仕委員会」
各委員会、委員長と連携し、クラブが円滑に運営出来るようにしましょう。

「出席委員会」
会員があらゆる大会に喜んで出席していただけるよう、大会の主旨を説明する例会を設営しましょう。なお、本クラブの例会に出席できない場合、他クラブの例会へ出席を奨励し、例会出席率の向上と、例会以外の奉仕活動の参加をメ-キャップと致します。

「会報委員会」
例会の活動記録として会報を発行し、会長挨拶、卓話等は原稿を提出して頂き、広報IT委員会と連携してホ-ムペ-ジの更新を実施しましょう。

「親睦・家族委員会」
ロ-タリ-親睦活動は、共通の趣味、スポ-ツ、職業をもつロ-タリ-会員の集まりです。会員同士の交流を通じて、友人をつくり、ロ-タリ-での経験をさらに充実したものとし、さらに家族から理解され、応援されるロ-タリ-アンを目指したいため、家族にとっても楽しい例会を計画しましょう。

「会員増強委員会」
魅力ある活動を維持すれば、会員増強に繋がります。本年だけではなく、長期的に入会候補者の選出をお願いします。会員に適任な人物の氏名を委員会に推薦するよう積極的に努め、クラブの会員増強に寄与することは各会員の責務であると考えます。

「プログラム委員会」
クラブのプログラムを計画、準備、手配し、クラブがプログラムの実施を通じて、魅力ある団体に成長し、入会の動機となるフログラムの立案をお願いします。プログラムは理事会や他の委員会の計画が円滑に実行されるように立案し、「クラブのサポ-トと強化」の本年当クラブの重点項目として、①②③④を網羅するようなプログラムを立案してください。

「広報IT委員会」
茅野ロ-タリ-クラブの歴史、規模を一般に知らせる宣伝方法の実施をし、会員の中の新聞関係者や放送関係者の協力を得て充分なロ-タリ-の広報を実施しましょう。

「雑誌・ロ-タリ-情報委員会」
会員に対して、ロ-タリ-の歴史、綱領、活動等、ロ-タリ-アンの指針となる情報を提供し、ロ-タリ-に対する会員の関心を促す事業を実施しましょう。

「SAA」
例会が、緊張感がありながら、楽しく運営されるよう、配慮し、気品と風紀を守り、例会が設営、監督する責任を有する会員が、会場監督の「SAA」です。肩苦しくなく、楽しい会場運営を心掛けましょう。

「ニコニコBOX」
例会場で会員が、自由意思で善意の寄付金を入れる箱です。会員、家族、事業場等の慶び事、お祝い事をニコニコしながら披露し、喜びを分かち合い、又失敗したり、迷惑をかけたときもユ-モアたっぷりに苦笑し、例会を賑わせて親睦を増進し、集まったお金は奉仕活動資金に使われていることを知って頂く必要があります。すすんで寄付してもらえるようにしましょう。

「職業奉仕委員会」
会員が日々の仕事を通して世の中に貢献することは、奉仕の心を育て向上することになります。奉仕とは他人のために何かをすること、他人のニ-ズを充たすことを自己の責務として行なう事業を実施しましょう。

「社会奉仕委員会」
クラブの所在地域内に居住する人々の生活の質を高めるために、時には他と協力しながら会員が行う事業を実施しましょう。

「国際奉仕委員会」
世界各地で、戦争が起こっている昨今、友好的で平和な関係を育成し、維持するためにフレンドリ-な事業を模索しましょう。

「ロ-タリ-財団・米山奨学会委員会」
RIの公式定義には「ロータリー・クラブは、場所を問わず一つの基本的理想を持っている。それは奉仕の理想で、他の人々を思いやり、他の人々の役に立つことである」と書かれています。また2600地区の中で、茅野ロ-タリ-クラブの寄付金額は、会員数の割には、低額を推移していますが、ロ-タリ-財団・米山奨学会に寄付をしたくなる例会を実施しましょう。

「青少年奉仕委員会」
茅野ロ-タリ-クラブは、次世代を担う若者が、各種事業活動を通じて社会奉仕・国際理解・友好の精神を学んで行けるように、東海大学付属諏訪高等学校インタ-アクトクラブを長年支援してきました。また3年連続して、桑澤一郎会員を地区に派遣し、インタ-アクト事業を進化と深化させてきましたが、本年で地区に派遣を最終年度と致します。東海大学付属諏訪高等学校では、単独で海外のタイ王立スワンクラ-ブランシップ校とも交流事業を始めています。この事業を足かがりとして、新しいインタ-アクト事業の展開を期待しましょう。

また、本年度、桑澤一郎会員の長男桑澤太郎君が長期交換留学生として、フランスへ行きます。交換留学生は、PAUTOT,GARANCE Odette Marieさんを当クラブで受け入れることになりました。各会員家庭事情もありますが、受け入れ対し、「奉仕できること」を積極的に考えて頂き、ご協力をお願いします。

「長期計画委員会」
この委員会を設立して5年の歳月が過ぎ、ある一定の効果を上げて参りました。当クラブは、他クラブから非常に評価されている会長、幹事の役職を全うするために取り決めが存在します。当クラブも新会員が増加し、会員の入れ替わりもあり、本年度は重点的に、将来の会長、幹事の人選の取り決めを模索し、カバナ-補佐、近々に当クラブに指名されるのであろうカバナ-の役職について、人選の仕組み、支援部隊も含めて、将来に向けて人材育成を始める時期に来たと考えます。前向きな検討をお願いしたいと思います。