1736回 会報

例会の様子はこちら→RC1736

1736回 会長挨拶

皆さんこんにちは 
 
 今日の私のロータリーの話は、13年前に亡くなられた、クロネコヤマトの宅急便を創ったヤマト運輸の元会長小倉昌男さんのお話です。当時、小倉会長は、銀座RCの会員であり、私と小倉会長とのお付き合いは、もう20年前になりますが、青年会議所時代に企業訪問をお願いし、宅急便開発の苦労話を聞きにいったのが始まりです。
 当時の話の内容は、ヤマト運輸はもともと関東を中心としたトラック運送をしながら、三越デパートの配送の下請けもしていましたが、そういう仕事を全部やめて、宅急便という今までどこにもなかったサービスが日本には絶対必要だと信じ、「そんな事業うまくいくはずがない」と社員全員が反対するのを押し切ってクロネコヤマトの宅急便を始めました。 1976 年サービス開始の初日の取り扱い個数は、わずか11 個だったそうですが、現在は年間20 億個以上を取り扱い、私たちの生活に欠かせない、なくてはならない仕組みになったと熱く話してくれました。
 私がロ-タリ-に入会した報告をした時は、「ロ-タリ-も一生懸命やれ」と言われ、クロネコヤマトの創業時のスロ-ガンについて話してくれました。小倉会長が宅急便事業を始めるにあたり、ロ-タリ-の精神を用いて、掲げたスローガンが、「サービスが先、利益は後」このスロ-ガンをセールス・ドライバーに言い続けました。小倉会長が言い続けた「サービスが先、利益は後」というのは、「サービス」と「利益」の関係を理解しない人からは「きれいごと」と世間から、批判されましたが、このスロ-ガンで一貫性を持ってやり続けた結果、きれいごとでクロネコヤマトは成長したわけではなく、今までどこにもなかったサービス、生活になくてはならないサービスとして世の中から認められたから、クロネコヤマトの成長に繋がったと話してくれました。
 私たちロータリアンには「サービスが先、利益は後」という言葉はすぐに理解できます。日本のロータリーの創始者米山梅吉さんも、ロータリーモットーは「サービス第一、自分自身は第二」また「最もよく奉仕する者、 最も多く報われる」とも言われており、小倉会長の「サービスが先、利益は後」という言葉は、この二つを凝縮した言葉のように私には感じられ、最後までロータリアンに誇りを持ち、ロ-タリ-が好きであった小倉会長らしい言い回しで、あったかと、思います。
 以上で会長挨拶と致します。ご清聴ありがとうございました。

1735回 会報

例会の様子はこちら→RC1735

1735回 会長挨拶

皆さんこんにちは、今日の会長の時間は、例会の冒頭で歌った、ロータリーソング「奉仕の理想」についてのお話しようと思います。例会のときに歌を歌う風習は、1907 年、今から111年前シカゴRC で始まりました。「親睦」か「奉仕」かの大論争の中で、ぎすぎすしたクラブの雰囲気を和らげようと、ロ-タリ-の創業者ポ-ルハリスが音頭をとって、民謡や当時の流行歌を歌い出したのが始まりです。
 一方、日本では1935年(昭和10年)5月の京都の地区大会を記念して募集され、当選したのが4作品ありました。 第1 位は「旅は道づれ」の曲名で、歌の内容は「最もよく奉仕する者、最も多く報われる」というロータリーのモットーに通じるような内容でしたが、この歌の作曲の一部に、盗んできた作曲があったため、後に失格となり第2位の「奉仕の理想」が、第1位に繰り上げ当選しました。ちなみに第4位の歌が、皆さんおなじみの「我らの生業」でした。
 さて、繰上げ当選して1位になった「奉仕の理想」ですが、2行目の「御国に捧げん」の「御国」が、ロータリー の思想と一緒には成り立たないと感じる会員が多く、戦争の敗戦の影響もあり、死語となったような「御国」は使いたくないと、この一節を歌うときは、「地域に捧げん」と歌うクラブもあります。当時この曲を作詞した京都RCの前田さんの原案は、「御国に捧げん」ではなく「世界に捧げん」と作詞しましたが、当時の村田省蔵ガバナーは、日本は、歴史・政治・文化などが他の国よりもすぐれている、それを守り発展させようと主張する「国粋主義的」な考えを強く持った方で、この「世界に捧げん」を「御国に捧げん」と変えなければ当選は無効と宣言しましたので、前田さんは泣く泣く承諾したのだそうです。前田さんは、後に亡くなる前、「もし出来ることなら何時の日にか、原案の『世界に捧げん』に戻していただければありがたい」と遺言されたそうです。村田カバナ-が「御国」という言葉に変えたのは、当時の日本は英語を使っていけない時であり、アメリカから来たロータリーに世間の冷たい目が向 けられようとしていた時代に、ロータリーの組織を守ろうとする苦肉の策だと言われています。実際、この「奉仕の理想」が発表された昭和10年の5年後には、日本のロータリークラブは国際ロータリー を脱退し、解散を余儀なくされることになりました。 そうしたロータリーの苦難の時代を耐え抜いたこの歌の歴史を尊重しながら、21世紀を生きるロータリアンはこの歌の「御国」を「世界」、「地域」、「社会」と置き換えて、歌っているクラブが多くなってきたそうです。
 以上で会長挨拶と致します。ご清聴ありがとうございました。

1734回 会報

例会の様子はこちら→RC1734