1765回 会長挨拶

 今朝は暖かい雨降りでしたが昨夜は今冬初の雪がありました。冬将軍の到来です。年の瀬で多忙な事と思いますが元気に過ごしましょう。
 ノーベル生理学賞を受賞された本庶教授、明るい話題でした。本庶教授のインタビューの中に決してあきらめないで研究をつづけた。その結果だと語っておりました。その話しを聞き孔子の言葉を思い出しました。
「苗にて秀でざる者あり、秀でて実らざる者あり」の言葉があります。稲の苗はやがて花をさかせます。中には花を咲かすことなくしおれてしまうものもあります。花が咲けばやがて実がなります。しかし実を結ばないまま枯れてしまうものがあります。稲は花を咲かせ実を結んでこそ意味があります。同じように人には才能を生かし努力を貫き通してこそ何かを達成できます。それを苦しいからと途中でやめては花が咲かず実らない稲のようにせっかくの才能や努力を捨ててしまうことになります。もう少しがんばれば花が咲きます。もう少しがんばれば実がなります。
ネバーギブアップです。

1764回 会報

例会の様子はこちら→1764会報誌

1764回 会長挨拶

 師走です。暖かい師走です。何かと気ぜわしい毎日です。
 平成の時代最後の師走です。終わりよければすべてよし。
一年の締めくくりと共に平成の時代の締めくくりも考えてみたいと思う今年の師走です。
 メンバーであります柳平市長四選不出馬を表明しました。4月からまた茅野ロータリークラブで活躍してくれる事と思います。
 先日雑誌を読んでいると昭和の思想家中村天風「運命を拓く」の中にあった言葉を紹介します。
運命というものは二種類ある、どうにも仕様もない運命を天命といい人間の力で打ち開く事の出来るものを宿命というのである。生まれる時代や場所、親は自分で選ぶことは出来ない。それ以外の人生の要素の多くは自分自身の心がけ次第でいくらでも変えられる。
一言で言うと人生は心一つの置きどころ、気持ちを常にはつらつと保つことがよい人生を送る秘訣だと言っています。
 いつもポジティブな心を持ち続けましょう。

1762回 会報

例会の様子はこちら→1762回会報誌

1762回 会長挨拶 代理 藤森千憲 副会長

 皆さん今日は。
 今年もあと一月半、そろそろ雪が降ってもおかしくない季節になってきました。
タイヤの履き替えに季節でもありますがもう済まされた方はいますか?
以前雪の降る日にスパイクタイヤをはいて一般道をゆっくり走っていた時ブレーキを踏んだら車体が回転して道の柵にぶつかりそうになったことがありました。スパイクタイヤでも滑るのだなと思って以後雪道での運転は慎重になりました。
 つい一週間前、車の免許の更新に警察に行ってきましたが、5年間無事故無違反ですので30分のビデオ講習ですみました。今まで書き換えの時もらう交通規則などを書いてある冊子をほとんど見たことはなかったんですが、見てみると標識の意味など忘れていることも多々あり勉強になります。事故についても書かれてあり、事故の約90%は時速40キロ以下の走行中に発生、人身事故の90%以上は規則速度以内に発生、死亡事故の90%は事故歴のないドライバーによる、―――などです。また1年間にドライバーの100人に1人が人身事故の当事者になっているとのこと。この統計にバイクや自転車が含まれているのかわかりませんが、実は私の息子も2-3年目でしたか自転車に乗っていて車道を横切ろうとしたときバイクにいきなりはねられたことがあり、幸い生命には別状なく、頭の傷をホッチキスで止める処置だけですみました。
こうみてくると統計からは危険運転するような人でないごく普通の運転者が市内を安全速度内で運転していても事故を起こす可能性があると言うことですよね。
そんなわけでこれから雪が降ったりして事故を起こす可能性が高くなりますのでくれぐれも気をつけて運転しましょう。