1714回 会長挨拶

みなさん、こんにちは
9月に入り、涼しくなってきました。今日の唱歌は「虫のこえ」でした。
1910年に唱歌として、誕生し1998年に「小学校学習指導要領」おいて、小学2年生の唱歌として共通教材とされました。
歌詞に擬音を入れて、虫の声を表現し、視覚、聴覚にも訴え、子供にも親しみやすく、わかりやすい歌から、平成19年には「日本の歌百選」に選ばました。
さて、ロ-タリ-の最初の社会奉仕は、1907年にロ-タリ-の創設者のポ-ルハリスがイリノイ州シカゴの市役所に公衆トイレを設置するキャンペ-ンが最初と言われています。
茅野ロ-タリ-クラブの社会奉仕事業が、先般、お見えになった、関カバナ-からも、充実していると指摘を受けました。茅野ロ-タリ-クラブの活動の中で、社会奉仕は、長期交換留学生事業、周年事業、会員健康診断、善行者表彰、国際奉仕、クリ-ンウォ-ク、ロ-タ-アクト、インタ-アクト地区大会、東海インタ-アクトクラブ海外研修となります。
本日の例会ですが、4団体に活動支援金の贈呈式です。活動内容をお聞きしながら、茅野ロ-タリ-クラブに「さらに何が、できるか」考える機会にしたいと、思います。本日はよろしくお願い申し上げます。
以上で会長挨拶と致します。ご清聴、ありがとうございました。

DSC05394

1713回 会報

例会の様子はこちら→RC1713

1713回 会長挨拶

みなさんこんにちは
国際ロ-タリ-第2600地区及び、RC関係者、来日学生、派遣学生、付き添い、皆様ようこそお越しくださいました。歓迎いたします。
さて、現在、ロ-タリ-青少年交換は、世界100カ国以上で実施されており、ロ-タリ-クラブによる支援の下、15歳から19歳の学生が海外に滞在し言語や文化を学びながら海外に友人を作り、異文化を理解しながら、国境を越えた友情と信頼を築くことで、世界の平和を実現することができるプログラムです。
当クラブには、フランスより長期交換留学生として、ぷとぅ・ぎゃはんす・日本語名「あかね」さんがお見えなり、当クラブからは、桑澤一郎会員の長男、桑澤太郎君がフランスに行きます。
「あかね」さんは、フランスからきました。フランス国旗は青、白、赤の組み合わせで、青は自由、白は平等、赤は博愛を表し、フランス国旗そのものが、「トリコロ-レ」であり、フランス語で3色の意味を示し、フランス革命のときに初めて使われました。
一方、桑澤太郎君は日本であり、日本国旗が初めて使用されたのが、西暦701年、文武天皇が、新年のお祝いの儀式で使用したのが、日の丸の起源と言われています。ご存知りの通り、鎌倉時代から江戸時代まで武家社会が続き、源氏は、白地に赤の丸、平家は赤地に金の丸で戦い、源氏が勝利し天下統一を果たし、天下統一の象徴として、日本国旗になりました。
また、真ん中が赤い丸は、太陽を示しています。日本は古来より農耕民族でした。太陽はかけがえのないもので、日本という名前は、日の本(もと)と言って、太陽が出るところという意味をしています。
最後に、マリ-さんは、広く日本を博愛していただき、太郎君は、太陽のように、かけがえのない存在として、明るく、フランスで、振舞っていただき、お二人に、そんなエ-ルを送り、会長挨拶と致します。
ご清聴ありがとうございました。

DSC05336

1712回 会報

例会の様子はこちら→RC1712

1712回 会長挨拶

みなさん、こんにちは
本日、クラブ協議会は、関カバナ-をお招きしての訪問例会です。関カバナ-、丸山カバナ-補佐、ようこそお越しくださいました。
さて、私が関カバナ-に初めて、お会いしたのは、平成29年3月18日の会長エレクト研修セミナ-の会場でした。関カバナ-は会場の入口で、名刺と、「八幡屋磯五郎」の「七味唐辛子」を持って1人、1人ご挨拶をして、出迎えてくれました。
八幡屋磯五郎の七味唐辛子は、「名物七味」と書いてありますが、この缶の中には、薬草が、9つ入っております。効能は「食欲増進」・「老化防止」・「胃腸の働きを活発にする」・「風邪を引いた時の咳止め」と体に良い、健康効果があり、これらは、薬草から出来ているため、今は、漢方薬として長野県、長野市の代表的な、お土産になりました。
私は、関カバナ-から唐辛子を頂けたのは、何かのメッセ-ジだろうかと考えましたが、単に、私への長野名物のお土産かも知れませんし、考えても、思いつきませんでした。
本日クラブ協議会で、関カバナ-にお迎えして、大変失礼ですが、私たちの茅野クラブに、どんな「薬草」で、処方して、ご指導して頂けるのか楽しみにして参りました。今日は、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
以上で会長挨拶と致します。
ご清聴ありがとうございました。

DSC05309