1745回 会長挨拶

皆さんこんにちは
 高見年度の例会も残すところあと2回になり、この会場で挨拶するのは、今日が最後になりました。また、マリオロ-ヤル会館熊澤社長をはじめ、スタッフの皆さんにはお世話になり、ありがとうございました。
 さて、先般、茅野ロ-タリ-クラブ会長杯ゴルフ大会が鹿島南蓼科ゴルフコ-スで21名の参加者で開催されました。優勝は浜整之介会員の奥様浜恭子さん、第2位が吉田克人会員、第3位に私が入賞させて頂きました。天気も予報では午後3時頃からの雨も心配なく、暑くもなく、寒くもなく、楽しくプレ-できた1日でした。
 さて、今日の例会ですが、「会計監査報告」と「各委員長の1年間の反省」をお願いしています。私の方からは「諏訪グル-プ会長幹事会の決定事項の報告」をさせて頂きます。
 平成29年12月6日の茅野クラブの年次総会で、2022年度から2023年度の、現在から5年後のカバナ-に茅野クラブから桑澤一郎会員の選出を承認して頂き、平成30年1月15日第6回諏訪グル-プ会長幹事会でも、カバナ-予定者として承認して頂きました。
 また、カバナ-補佐につきましては、カバナ-補佐の業務が通常前年度からスタ-トすることを鑑みて、茅野ロ-タリ-クラブのカバナ-補佐選出は、2024年度から2025年度の現在から7年後に変更になりました。
 以上、諏訪グル-プの会長幹事会の決定事項として報告させて頂き、会長の挨拶とさせて頂きます。ご清聴ありがとうございました。

1746回 会報

例会の様子はこちら→1746

1746回 会長挨拶

皆さんこんばんは
 今夜が会長で挨拶するのが最後になりました。
 お忙しい中、「さよなら例会」に75名の出席を頂き、誠にありがとうございました。今年1年、寂しいことや、つらい事や、うれしいこともありましたが、振り返れば、早い1年間だったと思います。事業においては、会員家庭で長期交換留学生の受け入れをお願いしたり、米山奨学生を旅行、食事会に誘って頂き、感謝しております。
 幹事の勅使川原幹事は、体調が悪い中、幹事職をして頂き、事業において委員長たちに適切なアドバイスもして頂き、また、事務局員名取松代さんは、休日出勤をはじめ、早朝出勤、残業までして頂き、会員の皆さんから、「名取さんに、こんなことまでやらせて、お前、知っているのか」とたびたび怒られました。名取さん、ありがとうございました。
 最後に、会長職をやってみて、自分の知らないところで、会員の皆さんが奉仕活動をしていること感謝申し上げ、この精神こそが「我が茅野ロ-タリ-クラブ」だと確信できた1年でした。
会員をはじめ、ご家族の皆さん、大変お世話になり、心より、御礼申し上げ、会長挨拶と致します。

 1年間、ありがとうございました。

1744回 会報

例会の様子はこちら→1744-2

1744回 会長挨拶

 皆さんこんにちは
 今日の唱歌は、「故郷」を歌っていただきました。
 これぞ日本の原風景、日本の歌、ふるさとの歌と言ったら、真っ先に思いつくのがこの歌だと思います。シンブルな3拍子で、美しいメロディ-が日本の情景が浮かび、日本の人々に愛され、「日本の歌百選」にも入っています。
 作詞家はまた長野県中野市に住んでいた、高野辰之さんが少年時代に遊んだ、野山の情景を懐かしみ、作った歌になります。
 歌の中に「うさぎ、おいし、かの山」とありますが、これは、村のお祭りの行事で、大人から子供も参加して、山でうさぎ狩りをして、皆で食べた様子です。当時では、人里離れた山奥では、貴重な食糧でした。現在は行っていません。
 「つつがなしや、ともがき」とありますが、「つつが」は病気、災難と意味で、「なし」は病気や、災難にあっていない、つまり自分は「元気でいます」が村の友、村の人たちも元気ですか、の意味です
 最後に、本日の例会は、1年間ご苦労、頂きました理事、役員、各委員長の反省になります。なお、2週連続で例会時間をとっていますので、理事、役員、各委員長の皆さんには思う存分、報告して頂き、また会員の皆さんには、そんな例会を楽しんで頂きたく、お願い申し上げ、会長挨拶と致します。ご清聴ありがとうございました。